ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因とは?

 

現状では、ぎっくり腰の原因は、

 

はっきりと明確になっていないのが現状です。

 

一般的には、腰を曲げて無理な姿勢で重たい荷物を持ち上げたり

 

急に無理な方向に体をひねってしまったり

 

若い世代ではスポーツなどの激しい運動

 

デスクワークや車の運転などで長時間同じ姿勢で

 

イスに座り続けることなどがあります。

 

また、体重が増えて肥満になってしまったり

 

運動不足や筋肉疲労による筋力低下によってもぎっくり腰を発症してしまいます。

 

 

と言うのも、太って体重が増えてしまったり筋力が低下してしまうことで

 

腰部分を支える力が減ってしまい、腰椎への負担が掛かってしまうからです。

 

さらに、高齢者の場合は、骨が老化してしまうことも

 

ぎっくり腰の原因の一つと言われています。

 

そして、これらが原因になり、筋肉が切れたり

 

椎間関節が捻挫してしまい、激痛を発症してしまうのです。

 

中でも、ぎっくり腰の原因で特に多く見られるのが

 

筋肉や筋膜が切れたりする筋筋膜性腰痛症という腰痛です。

 

この筋筋膜性腰痛症は、筋肉を束にして集めている筋膜が

 

疲労の蓄積や緊張で硬くなってしまい炎症を引き起こす状態を言います。

 

人間の背骨は、体を前後に曲げたりするために使われる

 

大腰筋・脊柱起立筋・広背筋などで支えられていますが、

 

重い荷物を持ち上げたり、スポーツのような激しい運動をしたり

 

長時間無理な姿勢を続けてしまうと、

 

これらの筋肉のバランスが崩れてしまい

 

伸び過ぎたり切れたりして炎症を引き起こして痛みを発症してしまうのです。

 

他にも、ストレスなどの精神的な原因もあり

 

過度なストレスによって筋肉が緊張して収縮し腰椎に負担が掛かるなど

 

ぎっくり腰には、様々な原因が関係しているのが特徴でもあります。

 

関連サイト

立っているのも座っているのも寝ているのも辛いのが椎間板ヘルニアです。椎間板ヘルニア治療の第一人者といえば、日本リバースの今野清志さん。90%以上の確率で50,000人以上の患者さんを改善した実績がある方法が、今野式椎間板ヘルニア改善エクササイズです。興味のある方はチェックしてください。