ぎっくり腰の治療

ぎっくり腰の治療法とは?

 

 

ぎっくり腰を発症した際に、あまりの激痛に耐え切れず

 

すぐにでも病院で診てもらった方が良いと思いがちですが

 

ぎっくり腰の場合は、慌てて病院に良く必要は全くありません。

 

なぜなら、横向きになって寝ていれば腰の痛みは和らぎますし

 

数日もすれば自然に痛みは解消されていくからです。

 

なので、無理に動かして悪化させる危険を考えれば

 

ぎっくり腰を発症してしばらくは自宅で安静にしておく方が良いのです。

 

そして、症状が軽くなってきたら

 

念のために病院に行ってきちんと検査してもらいましょう。

 

では、病院ではどのような治療が行われるかというと

 

まずは消炎鎮痛剤や筋弛緩剤などの薬以外にも

 

シップや塗り薬などが処方され、

 

腰椎部分の炎症による痛みを鎮めたり

 

収縮し硬くなった筋肉の緊張を和らげる効果があります。

 

また、神経ブロック注射で患部に局所麻酔を打つことで

 

一時的ではありますが痛みを取り除くこともできます。

 

さらに、筋肉の痛みや緊張の原因には

 

血流の悪化も関係していることから、

 

温熱療法によって患部を温めて血流を改善することで

 

筋肉の痛みや緊張をほぐすことができます。

 

他にも、コルセットによって腰を固定することも

 

安静するという初期段階では有効ですが、

 

徐々に腰の痛みが和らいできたら

 

逆に運動療法によって体を動かして

 

腰を支える筋肉を鍛える必要があります。

 

また、体を動かし続けることで

 

筋肉がほぐれるので収縮して硬くなることもありません。

 

このように、腰に負担が掛からない程度に

 

少しずつ運動療法を取り入れていくことによって、

 

腹筋・大腰筋・脊柱起立筋・広背筋などの

 

腰痛に関係がある筋肉を鍛えることができ、

 

腰痛が慢性化して繰り返し再発することを予防することができるのです。